Apple Eventまとめ。発表会で、何を話した?201909 #AppleEvent

今年もやってきた
この記事は、イベント当日の朝に執筆していたものの、契約しているサーバーに障害が発生し、やっと復旧したので更新できた記事です。なんで今更?と思っても、そういうことね…と思ってあげてね。

おはよう!

Appleが日本時間2019年9月11日午前2時より開催した、「Apple Special Event “By Innovation Only”」。近年よく登場するApple本社内にあるスティーブ・ジョブズ・シアターを会場に、新製品を発表しました。

ダブルカメラ搭載のiPhone 11、トリプルカメラ搭載のiPhone Pro/Pro Max、10.2インチになった第7世代iPad、ディスプレイの常時表示が目玉のApple Watch Series5を発表。

すでに発表済みであるApple ArcadeやApple TV+の価格・リリース日も明らかにしました。

ここからは、イベントの様子をさらっとまとめていきます。昨夜眠ってしまったことがくやまれる…。

Apple Arcade|ローンチは9月19日

事前に発表されているサービスだからか、いまいち盛り上がりに欠けますが、ものすごく楽しみですApple Arcade。イベントでは、いくつかのゲームをiPadで実演して見せました。もちろん、iPhoneでも、Apple TVでも、Macでもプレイ可能です。

日本からは、コナミやカプコンなどが参戦。

100以上のオリジナル新作ゲームを用意して、9月19日にローンチ。値段は月額4.99ドルです。日本だと9月20日ローンチで、月額600円です。1ヶ月の無料プレイ期間があります。

Apple TV+|動画ストリーミングに参入!AmazonやNetflixと戦える?

動画ストリーミングサービス「Apple TV+」の詳細を発表。Appleオリジナルの作品を月一ペースでリリースするそう。

11月1日ローンチで、月額4.99ドル。日本円で約540円です(たぶん、月額600円になるのかな?)。この値段でファミリー最大6人で楽しめる。まじなの。値段が本気だ。

それから、新型iPhone、iPad、Apple TVを購入すると、一年分が無料になる特典がつくというのです。この値段で今の市場に参入したAppleが、動画ストリーミング界にどんな影響を及ぼすか、色々考えるとおもしろい。

オリジナル作品の魅力と、旧作の充実度によっては、AmazonやNetflixと十分戦えるんじゃないでしょうか。だってこの値段ですし。

iPad

前の9.7インチの後継機です。画面サイズは、10.2インチに少し大きく、マグネットのスマートコネクタを搭載。スマートキーボード、Apple Pencilに対応しました。Face IDは搭載していませんが、値段は割と安くなってる。

値段は329ドル(税別34800円)から。学割あり。販売は9月30日からで、本日より予約開始です。

Apple Watch

Apple Watch series5です。ボディは100%再生アルミ。やはりこのデバイスの目玉といったら、常時onディスプレイでしょう。

文字盤がいつでも点灯してなお、バッテリーは18時間持ちます。コンパスが内蔵されたので、地図アプリが便利になることは間違いなし。

GPSモデルは399ドル(約42,800円)から。セルラーモデルは499ドル(約53,602円)です。発売は9月20日より開始で、本日より予約開始。

ついに2、3眼が来た!iPhone11/iPhone11 Pro

さて、近年のApple Eventではメインとなりつつある、新型iPhoneの発表です。

まずはiPhone11。デュアルカメラ搭載で、インカメラも含めて4k60p対応。以前までのモデルより、4倍広いシーンを撮影できる超広角です。暗所でもバッチリ撮れる「ナイトモード」など、カメラ性能が大きく進化しました。

あと少し面白かったのが、シャッターボタン長押しで動画撮影を始めてくれる「Quick Take」という機能。これ、SnapchatやInstagramが普及させたやつだ!

カラーバリエーションは、パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッドです。バッテリーや防水機能もより強力になっているので、よりタフに、アクティブな撮影ができそう!価格は税別74,800円から。

続いてiPhone 11 Pro/Pro Max。初めてProがくっついたiPhoneです。3眼!トリプルカメラ!

iPhone11に搭載されている「広角レンズ」「超広角レンズ」に加えて、「望遠レンズ」が搭載。ズームが強く、より強力なポートレートが撮影できます。

はっきりいって、iPhoneのカメラの性能は各社のハイエンド端末に置いてかれていたので、ついにiPhoneにも待望の三眼がきた!という感じです。スマホのカメラ性能は、その端末の魅力に直結するといっても過言でないし、今のスマホ業界だと最も技術をアピールできる部分のひとつになってる。

カラーバリエーションは、スペースグレイ、ゴールド、シルバー、そしてミッドナイトグリーン。それにしてもミッドナイトグリーンめちゃくちゃいい色してる。。レトロ感とクールさを兼ね備えていて、うっとりするな。

価格は税別106,800円から。9月13日金曜日より予約開始で、発売は20日からです。

みんな、何買う?

個人的に、今回の発表で楽しかったのは、Apple Watchの常時onディスプレイと、新型iPhoneのカメラ性能です。もう、カメラ性能で置いていかれたiPhoneではなくなったし、ハイクオリティなカメラ性能を求めて、Android端末を選んでいた人たちの選択肢にしっかりとiPhoneも入れて来ました。

みんな、何買う?僕は最近カメラが欲しいと思っていて、SONYのα6400を検討中。写真撮影はもちろん、家でレビュー動画を撮影したり、外でvlog撮る用途を考えていたけれど、もしかして、iPhoneで十分かもしれない、なんて。そんなことを考えながら見ていました。

今年もやってきた

コメント