写真データの飛んだSDカードを受け取ったので、データ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」を試す[PR]

    データの消失は悲しいから…

ある日のこと。

突然のライン

というわけで受け取ってきました。データの飛んだSDカード。

メッセージを受け取った段階では「きっと一瞬で治るやつだろうな」と考えていたものの、知る限りの手を打っても復元できない。うそーん。そこで、データ復旧ソフトなるものを試してみることにしました。

今回試すのは、「EaseUS Data Recovery Wizard」です。無料版・有料版とありますが、今回はEaseUSソフトウェアさんから有料版を提供していただきました。

試してみる:EaseUS Data Recovery Wizard

まず簡単にソフトについて説明しましょう。パソコン、外付けデバイス、外付けハードディスク、スマホ…。さまざまなデータ紛失ケースに対応している、なんでもござれなデータ復旧ソフトです。

製品ページを見に行くとわかるのだけど、「全形式のファイル復元に対応」と謳われているのです。写真、音楽、動画、ドキュメント、それぞれのあらゆる形式がずらっと並んでます。圧縮ファイルやフォルダの階層まで復元してくれるらしい。

これ、かなりすごい。僕の知る限りでは、もっともオールマイティーで強力なソフト。

ここがすごい!無料版でも相当使える

本製品には、3つの料金体系があり、それぞれ「無料版」「Professional(8,900円)」「Technician(59,000円)」と名付けられています。Technicianになると一気に値段が上がるけれど、こちらは法人用と考えるのがよさそう。

感心してしまうのは、それぞれのスキャンの性能は全く同じということ。つまり、無料版でも有料版でも同じ性能を持ってデータ復元に取りかかれるのです。

無料版と有料版、最大の違いは「復元できるデータの容量」。無料版だと500〜2GBまでしか復元できないのですが、有料版は無制限です。(Mac版:2GB、Windows版:500MB→SNSに製品情報シェアで2GB)

そこで、思い出すのは今回友人から預かったSDカードの容量は8GBだということ。無料版では復元できたとしても2GBまでしか復元できないので、試す価値なしか…、と考えてしまうのはまだ少し早い。

無料版で、復元できるかどうかがわかる

これがありがたい。どれだけ高性能なデータ復旧ソフトでも、蘇らないデータというのは確かに存在します。そのため「実際に復元できるのかどうか」は、お金を払わない段階で分かるにこしたことはない。

本製品は無料版の段階で、消えたデータが何GBであっても、とりあえずスキャンをかけることができるので、まず試してみるのがいいです。実際に復元できそうなら、そのタイミングで有料版を購入することを悩めばいいのだから。

預かったSDを復元してみる

大事なのはここから。実際にデータが復元できるのか。今回は友人から預かった、謎にデータの飛んでしまったらしいまじのSDカードを用意しているのです。他のレビューを見てみると、みなさんそれぞれ意図的にデータを削除したのちデータ復元を試みているので、この記事が成り立つのか不安になってくる。

さて、ダウンロードしました。現在無料版なので、とりあえずSDカードをさして、スキャンしてみる。

SDカードをパソコンにさすと、上記のポップアップが出てきてデータを確認できないのが現状です。さて、「Multi Flash Reader Media」が僕の使用しているカードリーダーの名称なので、こちらをスキャンしていきます。

スキャンしてみた結果。スキャンに要した時間は5分ほど。

おお!1138個のファイルを選択、合計4.14GBと表示されてる!これだけのデータは復元できそう。全部復元してみます。(この時、左上のタブを「種類」にするとファイルを細かくみれたんですが、スクショ撮り忘れました。とほほ。)

復元させたいファイルは4.41GBと、無料版の上限(2GB)を超えるので、ここで有料版にします。無料版の上限を超える場合、「今すぐ復元」をクリックすると以下のダイアログが表示されるので、復元させたいファイルがたくさん見つかった場合はこちらから「購入」を選択しましょう。

復元開始。結構時間かかるので、掃除機でもかけて待ちましょう。

すべてうまくはいかなかったけど…復元できた!

順調に全ての画像が復活するかと思いきや、リカバリー中にこんなポップアップが。あれま!この後なんども再試行を繰り返してみたんですが、だいたい同じゲージの位置でこのポップアップが出てしまいました。

とはいえ、この時点までにリカバリーできている画像もあるようなので、Finderから確認しにいくと…

復元できてる!

一部の画像が復元できてます。よかったー!ただ、一枚一枚確認していくと、写真の一部がグレーになって表示されていないものがちらほら。これらは完全に復元できなかった画像のようです。データが壊れていると、おそらくどうやっても難しいでしょう。残念。

ああそうだ。ファイルがちょっと変わった階層表示になってて、探すのに苦労するかもしれない。基本的に、自分がどこのファイルに保存したのかは覚えておくべきだけれど、リカバリー完了後に出てくるポップアップから一発でファイルを表示してくれるので心配ご無用。

完全にフォーマットしてしまうと復元できない

復元できたデータはとりあえずMacBookに保存。で、SDカードですが、「治らなかったら大丈夫」と言われていたので、フォーマットして一応返すことに。

せっかくなので「ディスクユーティリティ」でフォーマットの処理をしたのち、スキャンしてみたのだけれど、結果は全く復元できなくなりました。そりゃあそうだよね。

フォーマットにも種類があり、それぞれレベルが違って一概には言えないため、とにかく「無料版でスキャン」が鉄則に思えてくる。

消えたデータは、とりあえず無料版でスキャンしてみるとよさそう

データが消えてしまうのは割とよくあるはなし。だからと言って、妥協してしまえるほど無価値なものではないでしょう。

もしあなたにも消えてしまったデータがあるのなら、写真でも、動画でも、パソコンでも、スマートフォンでも、一度無料版で「スキャン」を行ってみるといいかも。僕自身、この先お世話になることは何度もある気がする。以上、データ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」のレビューでした。

コメント