ロジクールのトラックボールマウスm570tをMacで使うことにした。購入レビュー

トラックボールマウスm570tの箱を上から撮影した写真

Amazonでトラックボールマウスを購入しました。ロジクールのm570tです。(追記:トラックボールマウスのハイエンドモデルであるMX ERGOが発売され、そちらも購入しました。MX ERGOのレビューはこちら。)

たいへん快適で、手放せないものになりつつあります。早速レビューしていきます。

トラックボール m570t はどんなマウスか

ブランドロジクール / logicool
型番M570t
電池寿命最長18ヶ月
操作距離最大10m
サイズ145 x 45 x 95 mm
重さ142g

スペックはこちら。以下、補足です。

  • 総ボタン数は5個
  • 使用電池は単三電池一本
  • 解像度は540dpi
  • 無償保証付き

保証期間はモデルによって異なるようです。

m570tの箱の対応OSが記載された写真

対応OSはこちらです。Macでももちろん使用可能。

トラックボールm570tと同梱されていた保証書の写真

購入から3年間の保証付き。

m570tの裏蓋を撮った写真

レシーバーは、本体に収納できるようになってます。シンプルでよし。電池は最初から入ってました。ちなみに最大18ヶ月電池持ちするそう。かなり低燃費です。

m570tの戻る・進むボタンを説明する画像

進む・戻るボタンもついてます。カスタマイズ可能なため、便利に使えそう。

使用感

手首を動かさなくていいからめっちゃ楽

これが一番の利点だと思います。キーボードの横にそっと置いてあげるだけでもう動かす必要がありません。かなり特殊な形状ですが、よくフィットしてくれて楽です。腕とか手首の負担が全然ないので、一日中PC作業をする方にオススメしたい。

作業スペースが小さくてもOK

マウス本体を動かす必要がないので、机が小さくても、散らかっててスペースが狭くても平気です。m570t本体さえ置くことができればボールを動かして操作できるので、喫茶店のような外での作業に向いてるし、極論太ももにでも乗っければいいから机を必要としません。

USB-CポートしかないMacBookは変換アダプタを介す必要がある

自分は現在2012年のモデルのMacBook Airを使っているので関係ないですが、USB-CポートしかないMacBookを利用している方は変換アダプタを介す必要があります。

慣れたらすごい捗るマウス「m570t」

f:id:kmartinis:20171117204142j:plain

トラックボールマウスm570t、すごく捗る。マウスを探している方にはおすすめしてます。

なお「せっかくトラックボールを買うならより高くていいものを」とお考えなら、m570tの発売から7年ぶりに発売された新型トラックボール、MX ERGOの方がいいかも。m570tの上位モデルとなっているので、余裕のある方はどうぞ。

トラックボール最上位、ロジクールのMX ERGO 購入レビュー
ロジクールから新型トラックボールマウス「ロジクール ワイヤレスマウス MX ERGO」が発売されました。ロジクールからトラックボールマウスが発売されるのは、実に7年ぶり。そしてロジクールのハイエンドマウスである「MXシリーズ」のため、非常に気になってたので買いました。というわけでレビュー。トラックボール「MX ERGO」のポイントスペックブランドロジクール / lo


▼変換アダプタが必要な方は同時購入がおすすめ。