Macの2ファクタ認証で同じ数字しか打てない!時の解決策

現在持っているMac miniを売却する準備をしていたところ、Macの2ファクタ認証の確認コードでトラブってしまったので共有します。

よしやるか!と思い立って、Macを売却・譲渡する時に絶対やるべき作業【2016年版】 | iTea4.0を参考にさせていただきながら、作業を進めることにしたのだけど、

1.iTunesからコンピュータの認証を解除する

ってところからつまづいてしまいました。というのも、2ファクタ認証がちょっと曲者だったのです。

2ファクタ認証って?

がんじょうな認証方式のことです。

Apple ID の 2 ファクタ認証
2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。https://support.apple.com/ja-jp/HT204915

症状:同じ数字が入力されてしまう

症状はこうです。AppleIDを入力後、iPhoneに6桁の数字が表示され、それをPCに入力する時、ここでキーボードがバグったようになって、まともな入力ができなくなりました。例えば、「123456」と打ちたいのに、「111111」にしかならない、とか。あれおかしいな?なんて思ってdeleteキーを押しても、逆に数字が入力されてしまう、とか。

キーボードを純正のワイヤレスキーボードから他の有線キーボードに変更してみても、PCを再起動してみても全く直らないときた。結局、30分ほど解決に時間を要しましたが、直す方法は簡単なものでした。

解決策:入力モードを英字にする

数字を入力する時に、入力モードを「英字」にするだけで、解決しました。

f:id:kmartinis:20170129212133p:plain

こうなっているのを、

f:id:kmartinis:20170129212201p:plain

こうするだけです。なんで数字入力をした時にアンダーラインが表示されてるのを疑問に思わなかったんだろう…と後悔するばかりです。