未成年がAmazonアソシエイトに参加する方法について

Amazonアソシエイトプログラムは未成年でも参加できるようになっています。実際に、僕は高校生の頃にAmazonアソシエイトプログラムに申し込み、参加をしたので、審査にパスするまでのハウツーを書いておきます。未成年がAmazonアソシエイトプログラムに申し込む場合、一般とは別の手続きが必要となってくるので注意が必要です。

未成年版、Amazonアソシエイトプログラム参加方法

実際に、未成年でもAmazonアソシエイト参加可能か?とアマゾンに問い合わせをすると、以下のような返答が。

Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

運営規約第1条に記載のとおり、20歳未満の未成年者は、親権者または後見人の承諾なしにプログラムに参加することはできません。

参加を希望の場合は以下の手続きをお願いいたします。

以下の情報を含めた文書を親権者または後見人の方からお送りいただきますようお願い申し上げます。

1) 承諾した日付
2) 参加希望の未成年者の氏名
3) 未成年者がAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加することを承諾する旨の文章
4) 承諾した親権者または後見人の住所氏名、および直接連絡可能な電話番号
5) 承諾者の署名または捺印
6) 承諾者と未成年者との続柄
7) 登録時に使用Eメールアドレス(※必ず記載してください)

上記を用紙に記載の上、以下へ郵送をお願い申し上げます。

〒153-0064
東京都目黒区下目黒1-8-1
ARCO TOWER ANNEX
アマゾン・ジャパン株式会社
アソシエイト・プログラム担当

その上で、お申し込みをお願いいたします。なお、その際は必ず「webサイト説明欄」に、「○月○日に参加承諾書を郵送済み」と記載の上、申し込み完了をお願い申し上げます。

なお、アソシエイト・プログラムへの参加にあたりましてはサイトを含め申し込み内容を吟味したうえで参加の可否を決定しております。

このため、親権者または後見人の承諾がある場合でもお申し込み内容に運営規約上の問題がある場合は参加の承認ができない場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

その他にもご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
アソシエイト・プログラムをご利用いただき、ありがとうございます。

Amazon.co.jp カスタマーサービス アソシエイト・プログラムスタッフ

要約するとこうです。

  1. 20歳未満の未成年者は親に許可もらってね
  2. 許可をもらった証拠が欲しいから、お手紙を書いてアマゾンに送ってね
  3. でもそれだけじゃダメだよ!実際にwebサイトから申し込む際に、一言付け加えてね(ここでやっとスタートラインだよ)
  4. ここからはあなたのサイト(とかその他諸々)次第だから、合否はわからないよ

ではこれから、申し込みの手順を詳しく説明していきます。

まず、これをコピーして印刷する

  1. 承諾した日付
  2. 参加希望の未成年者の氏名
  3. 未成年者がAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加することを承諾する旨の文章
  4. 承諾した親権者または後見人の住所氏名電話番号
  5. 承諾者の署名または捺印
  6. 承諾者と未成年者との続柄
  7. 登録時に使用のEメールアドレス

先ほどの文面の一部を印刷してみたのがこれです。雑にスマートフォンのメモアプリにコピペして、プリントアウト後に書き込みやすいように行間を開けただけです。

f:id:kmartinis:20170714193412j:plain

ちなみに「未成年がAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加することを承諾する旨の文章」の欄には「承諾いたします」程度の文章を書いてもらえば十分であるそう。

次に実際に申し込みをする

続いて実際に申し込みをしましょう。ポストに投函した瞬間から申し込んでもOKです。申し込みをする際に注意点があったので、もう一度確認しておきます。

その上で、お申し込みをお願いいたします。なお、その際は必ず「webサイト説明欄」に、「○月○日に参加承諾書を郵送済み」と記載の上、申し込み完了をお願い申し上げます。

申し込む際に、webサイト説明欄にひとこと付け足す必要がありました。当ブログは、…です。紹介したい商品は主に「本」「ガジェット」…です。(○月○日に承諾書を送付済み)というような形で書けば大丈夫です。

最後に

自分の場合、承諾書を送付してすぐに申し込みをしてみたところ、おそらく承諾書が届いてないであろうタイミングで審査に通った旨のメールが来ました。これは多分、申し込みをして2、3時間後くらいだったと思います。

どういうことかいまいちわからないんですが、承諾書はきっと確認されるものでしょうし、しっかり書くに越したことはないでしょう。ただし、合格するか否かはあくまでサイト次第なので、審査に落ちた場合は自分のサイトを見直してみるのが必要かもしれません。

プロフィール画像

Kei Sato

名古屋の学生です。このブログでは主にガジェットレビューとテクノロジー、ライフスタイルに関する情報を扱ってます。

Twitter / RSS

Entrance Part2