blog

WordPressで画像が劣化している現象、プラグインの設定で解決するかも

ずいぶん前からこのブログにアップする画像が荒いな、劣化しているなと感じていて、いろいろ解決策を探っていました。

たとえば、外部サービスでリサイズ&圧縮しすぎている。最近はリサイズだけで済ませてしまうことも多いですが、あまりにpxを小さくしてしまうと当然画像は荒くなります。しかし、pxを広げてみてもあまり変化は見られず。

あるいは、プラグインの機能で自動で圧縮されている。これに関しても、今は利用していないはず。昔は画像圧縮プラグインを利用していましたが、解決策を探る過程で停止していたみたい。

テーマ(Cocoon)の設定を何かいじってしまっているのか、なんだろうか…と考えていたら、やはりプラグインの設定が影響していました。

Jetpackの設定が問題だった

「Jetpack」は、WordPress公式から提供されているプラグインで、アクセス解析やスパム対策をはじめとした多くの機能が備わっています。そのため、かなりのユーザーがインストールしているはず。

Jetpackの機能の一つに、「サイトの高速化」があって、今回の原因はそちらの設定でした。

こちらの、「画像の読み込みをスピードアップ」という項目をオフにしてみた結果、大きく改善が見られました。

サイトスピードは落ちてしまうはずなので、一概にオフにするべきではありませんが、写真を美しく見せる際には邪魔してしまう可能性が大きいと言えます。これをオフにして改善を図った後に、別のプラグインや外部サービスを試してみるといいかも。

非常にニッチだけど、Flickrの運用にも影響していた(縦画像が小さくなる現象)

Jetpackの設定をいじっていたら、別のことにも気付きました。最近、一部の画像をFlickrで表示するようにしたのですが、縦画像がうまく表示されていなかったのです。

画像の下の方が切れてしまっていた

実はこれもJetpackの高速化設定が影響していて、先ほどの「画像の遅延読み込みを有効にする」をオフにした結果、正しいサイズで画像が表示されました。

おすしが見えましたね

なんだか、他にもいろいろ影響している気がします。前々から改善したいと思っていることが、サイトの高速化と関係ありそうであれば、とにもかくにも一度確認してみると良さそう。

コメント